いい環境でしか、結果を出せなかったら人生ちょっと大変かもしれない

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

環境が人を作るかもしれないし、

環境によって、性格とか心遣いとか、色々と影響を受けるかもしれない。

自分自身、環境に大きな影響を受けて自分が決まってしまうって思っていたけど、それはとっても間違った感覚だった。

とんでもなく、劣悪すぎる環境は別として

その場合は、一刻も早くそのばから立ち去る覚悟が必要だし、考えることなくその場を去るべきだと思う。

だけど、そこまでじゃなくて、なんとなく嫌だなってとき。隣の芝は青く見えて、

あれいいなー、これいいなーって状況で今に集中できてないとき。

その場から去って、新しい環境に挑戦するのもひとつの手だと思うけど、環境に慣れることはあっても、環境に染まるくらいでは、その人の芯とか、軸とかは存在しない。

だから、場所が変わればその場に影響されて、同じことを繰り返してしまうかもしれない。

というか、自分自身が繰り返してしまっていた。

この環境はこんなところが嫌だからとか。

そんなことでは、いつまで経っても同じことを繰り返してしまう。

自分にとって良くないなーって環境で何か実現できれば、それ以外の環境ではいくらでも活躍できるようになる。

いつまでも、自分が自分らしく輝ける場所を探し続けるよりも、

今この瞬間から、この場所で輝く方法を見つけることが、なにかちょっと新しいことにつながるかもしれない。

さて、今日は何をしてみようかな!

この記事を書いた人
やぎちゃん

日頃から思ったことや、気になったことなどをつぶやいてみる。詳しいプロフィールはこちら

やぎちゃんをフォローする
未分類
スポンサーリンク
みんなに広める!
やぎちゃんをフォローする
やぎちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました