とっさの出来事

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

集団にいるなかで、自分にとって必要な行動をできるだろうか。

してもしなくても、なんの問題もない出来事に当事者意識を持って行動できるだろうか。

いやでも考えさせられるようなことが、最近増えている気がする。

お前はそんなんでいいのか?人の評価を気にしないようにしていて、一番気にしているのは自分じゃないか?

知識として、気にしないことは知っていてもそのように行動できているかどうかは

別問題である。

人がしないから、自分もしない。

人がするから、自分もする。

そんなふうに人生を決めてしまっていないか?

人がしなくても、自分はする。

人がしていても、自分はしない。

その中に本来の自分があるんじゃないかな。

いろんなことに妥協して、これくらいでいいやって。

知識を付ければつけるほど、いいこともあるけど動けなくなっている部分もある。

活かす前提、必要に迫られての知識ではないから頭でっかちになって行動に抑制がはしる。

読書が悪いのではなく、本から受け取るべき内容を自分自身で選択を間違えたことが原因。

そんな気づきを与えてくれた友人には心から感謝している。

この記事を書いた人
やぎちゃん

日頃から思ったことや、気になったことなどをつぶやいてみる。詳しいプロフィールはこちら

やぎちゃんをフォローする
未分類
スポンサーリンク
やぎちゃんをフォローする
やぎちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました