物欲、時間

お金がたくさんあれば、あるだけ、それと同等か、それ以上の価値のあるものを手に入れることができる。

お金持ちになって、好きなものを好きなだけ買える人生は素晴らしいと思う。

もっと、ランクが高いもの、上質なもの、追いかけて追いかけて、さらにお金が必要になって。

ある程度以上のお金を稼げるようになると、次に来るのは、時間がたくさん欲しい。ある程度までだと、お金だけで一生を終えてしまうかもしれない。

その次のステップは時間である。

お金持ちがもてはやされる中、これからは、時間持ちってことも大きな価値を生み出すようになる。

今の時代は好きなことを仕事にがキャッチフレーズになっていて、多くの人が好きなことを仕事にするために、動いている最中である。

自分自身も同じように考えていた。

世の中にはいくらでも仕事はありふれていて、たくさんの選択肢の中から自分自身で選んだ仕事で文句を言うことに馴染めなかったから。

好きなことで仕事をする人はすごいんだとか、羨ましいとか本気でおもった。

けど、今になって考えてみると、どちらでもいいんだなって。

好きだろうが、嫌いだろうが、その仕事が誰かの役に立って、誰かの生活が少しでも楽になっていれば、自分の感情も大切だけど、そこだけに目を向けずに、もっと大きく見てみれば、いろんなことに影響をしているんじゃないかな。

せっかく、自分の時間をつかうんだったら、嫌な仕事でも世の中のまだ出会ったことないかもしれない誰かのために、がんばってみることもいいのかもしれない。

嫌なことを感じる時ってどうしても、視野が狭くなって目の前の人だけを相手にしてしまって、広く、大きくみれなくなる。

ほんのちょっと、深呼吸してみて、

遠くの誰かのことを考えてみると、なんかちょっともう少しできそうな気がしてくる。

大金持ちが、なんとしてでも手に入れたい時間をみんな平等に使えるんだから、ちょっとだけ、誰かのためにやってみよー!

コメントする