めぐりあわせ

必要な時に、必要な人と出会うようになっている。

それが本当だったら、今日の出会いにもたくさんの意味があるんだろう。

ひさびさに、人と「話をできた」なって実感した。

生きている上で、一日中誰とも話さないことはほぼない。

何かしら誰かしらと会話をしながら生きているけど、

話したなーって実感することはほとんど無い。

世間話だったり、身近な話をしたりそんなことはあるけど、

お互いがお互いのことを考えながら、話すことってほとんど無い。

どこか上の空だったり、話半分に聞いてみたり、そもそもきいてなかったり。

何かしら相手をコントロールしたり、支配下に置くような話し方をされたり、

コントロールをされているように感じることが個人的には一番嫌い。

それが、今日は全くなかった。

相手は自分のことを考えてくれて、自分も相手のことを考えていて

お互いが良い意味で干渉しすぎることなく、相手に判断は委ねつつも、

必要な情報や感情を伝えてくれる。

自分は人と関わることが嫌いなのかなーって思う時期もあったけど全くそんなことはなかった。

人と関わることが大好きだった。

それを思い出すきっかけになる話をすることができた。

今までの自分だったら今日の出来事にも意味を見出せなかったかもしれない。

ただの日常として過ぎ去ってしまったかもしれない。

アンテナをどこに張るか、自分自身が何を求めているのか。

どれだけ時間がかかっても自分自身が何を考えていて求めていて、本音と向き合うことができるか。

たくさんの他人や社会からの価値観を知りつつも、自分自身の中で価値観を構築することができるか。

大きな価値観に拠ることは大切なことだけど、それでずっとモヤモヤを感じて取れなかったのであれば、新しい価値観を作り出すしかない。

たくさんの価値観に触れれば触れるほど、何がなんだか分からなくなったり、正解も不正解もあるようなないようなぐちゃぐちゃになってしまう時期もあるけど、

そこでやめないでもう少し苦しんでみて、見つかったものにはかけがえのない価値がある。

新しい価値観なんてすぐに見つかると思っていたけど、時間はかかるし、時間がかかってもいいってことを知っていれば、焦ることなく時にはあえて時間をかけてみるほうが

近道だったりするのかもしれない。

少しづつ

ほんの少しづつ、見えてきているのかもしれない

コメントする