運命は誰のもの?

「半ばまでを運命の女神が勝手に支配しているのは真実だとしても、残る半ばの支配は運命が私たちに任せているのも真実である」

著者名:小林 昌平
出版年(第1刷の出版年):2018年5月2日
タイトル:その悩み、哲学者がすでに答えを出しています
発行所:株式会社 文響社
引用した文章が書かれているページ:位置No.1606

いろんな巡り合わせは、運命の女神様が運んできてくれるけど、

ここぞというタイミングでは、運命に任せずに、自らの意思で大胆に決断することで、

道が拓けていく。

冷静であるがゆえに、タイミングを失ってしまったり決断できなことは多々ある。

たくさんチャンスが巡ってきては、目の前を素通りしていく。

自分にとってそれが必要なのか、肝心なことなのか判断できないから。

人からのアドバイスも、助言もチャンスも、何もかもが、

普段から自分がどれだけ準備しているかどうかにかかってくる。

必要じゃない時に、助言をもらっても自分にとってはなんとも思わないまま

聞き流してしまったり、ないことにしてしまったり。

自分にとって都合が悪いことだと、聞くこと自体をやめてしまったり。

沈んでいる時や、悲しいときは、話をきいてほしいだけで、話を聞きたいと思ってないこともある。

そうならないように?その状況がいやであれば、変われるのは自分もそうだけど、

環境も自分の力で変えることができる。

環境は、多くの運命を変えてくれる。逃げることはダメで、我慢を続けることが美徳とされてきた

学校教育には、背く形になるけど、それが人間らしい選択なんだと思う。

我慢して、いやなことを続けて、従うだけでOKな生き方はたくさんのことを犠牲にすればすることができる。

今まで、学校という環境の中でしか生きてきてない中で、急に変えることがどれだけ難しいことか。

違う環境を知らない。誰も教えてくれない。それしかないと思ってしまうのは当然だと思う。

学校の延長で、社会も同じような仕組みだと思う。

その環境にしか身を置いていないと、どんどん身体が心がその環境に慣れてしまう。

同じような考えの仲間に囲まれ、同じような価値観の集団に囲まれ、

徐々にその環境での居心地が良くなってしまい、時間だけが過ぎていく。

そのままでも、何も問題ないし、それが幸せって考え方もある。

でも、いやなことを我慢しても、身につくものは何もない。

好きなことを楽しさ全力でやっている人からしたら、

我慢する能力なんて、無駄でしかない。

今の環境は自分自身が作り出したものって言われた時に、そんなの違うって思ってる時点で、その環境に浸ってしまっている。

否定の思いが強ければ強いほど、心はもう荒んでいる。

違うなら、自分を変えることも大切だけど、環境を変えてしまえばいい。

環境が変われば、いやでも自分は変わっていく。

自分は変えようとしなくても勝手に変わっていく。

いかに、デフォルトの自分でいられる環境を見つけ出せるかどうか。

苦しいときは、冷静な判断なんてできない。そのせいで思考にいろんな制約がかかるから。

長期間、その場から離れて見て自分を自分である時間を長く作る。

そうすれば、運命の女神様が新しい運をはこんできてくれる。

運命が運ばれてから動くのではなく、いつもと違う行動をした後に

新しい運が運ばれてくる。そのときには、自分が変わっているので今までどれだけ難しかったことでも、いとも簡単に成し遂げられてしまう。

環境を大きく変えた後に、冷静になって考えるくらいでいいと思う。

他の人からすれば、大胆な行動に見えるかもしれないけれども、

強制的に、冷静になる時間を作って、自分のために生きる。

たった一人でも、自分のことをわかってくれる人がいるなら、

それだけで幸せなんだから。

自由に生きていける環境が整っている。

そのことを知って、運命は私たちに任されているなら、

あとは、好きなことを選ぶだけ。

好きなことがなくてもいい。

あったら、ラッキー。

ないなら、新しい環境を常に探しながら、

新しい運が運ばれてくることを気長に待つだけ。

コメントする