誰のそばにいるか

自分に足りないものを人で埋めようとすると

歪みが生まれてくる。

寂しさだったり、苦しみだったり、悲しさだったり。

一時的には埋め合わせをすることができて、その場はしのげるかもしれないけど、また同じことが繰り返されてしまう。

人を頼りたくなるし、悲しみを聞いてほしいこともあるし、どんなことであっても最終的には自分自身が選択することになるからそれが正しいかどうかを決められればそれでいいんだと思う。

1人で抱え込むのがいいって話ではないけど、1人で解決するべき問題は多くある。今はそういう考えになっているので、誰のそばにいていいのかわからなくなってしまう。

自分は何を求めて誰かのそばにいるんだろう。何もないのにただ、いるだけではお互いにとってデメリットでしかない。何も生み出さない。

そんな関係でもいいのかもしれないけど、なんとなく時間を無駄に過ごしてしまっていないだろうか。

全く真逆のことを今までずっと思っていたのに、ちょっとした心の変化でここまで考えが変わってしまうことに自分自身でも驚きを隠せないし、どれが本当の自分かもわからなくなってしまう。

コメントする