時間の使い方

 時間を大切に使いましょうって言う、言葉はありふれているけど、それを意識して

有意義になるように使えているだろうか。

お金は、使えば減るし使わなければたまるし

何かを買えば品物に変わるし、

体験をすることもできる。

目に見えて増えたり減ったりすることができるから、

そこまで意識しなくてもいいかもしれないけど、

時間は、いつもあるものだと思ってしまう。

確実に減っていっているし、そして一生 その瞬間は戻ってくることはない。

だから、よほど意識していないとすぐに存在は忘れてしまうし、

いくらでもあるからと楽観視し過ぎてしまう。

思っていないことに使ってしまったり、

嫌な時間を過ごしてしまったり、

大切なことを我慢していたり。

その瞬間に、かけがえのない時間が失われてしまう。

時間の使い方は、命の使い方。

自分の命を何に使うか。でも、こんなことを書いてあっても、ピンと来ない。

自分の死について、考えて見ないと

いつ死んでもいい状態にあれるかどうか。

大きな病気をしたり、大きな怪我をしたり。

命に関わるような体験をしない限り、なかなか考える機会は すくないとおもう。

日常を生きていく中で、

 ここまで考えて生きていければ、それは 人生は色濃いものになる。

何もない、なんの変哲もない 人生の中に見出す力。

それができれば、人生に起きるすべてのことが、たくさんの色を人生につけてくれると思う。

その一つ一つ丁寧な積み重ねが、今すぐじゃなくて、

必要なタイミングで、必要んな学びを はこんできてくれる。

これは、いつか訪れるかもしれない幸運をただただ待つのではなく。

いつも訪れているチャンスを一つ一つ活かしていく位ことにつながっていく。

今やっていること全ては、これからの自分を形作り、さらなる自分の可能性を押し広げていくことになる。

その時が来るまで、やめないし

その時がきても止めることはない。

いつ、いかなる時も自分自身をアップデートし続けること。

コメントする